本当に美味しいものをお召し上がり頂きたくて

旬の味 新鮮な海の幸と、四季折々の旬の味 間人蟹(たいざがに)をはじめ、あわび、えび、鯛、ウニなど、新鮮な海の幸に恵まれた炭平は、こだわりの食材を使用したお料理で、
      おもてなしをいたします。また、家庭料理では味わう事の出来ない、漁村独特の素朴な地の恵み活かす老舗料亭旅館の海鮮料理もご好評を頂いております。

間人ガニ 十一月六日解禁。
      一年の中で決まった時期しか食べられない、希少価値 間人漁港の漁師は厳しい。
      新鮮で旨い魚をお客様に届けるため、何十年も真っすぐな仕事をしてきた。港を清潔に保つ。魚介類を丁寧に扱う。海と歴史の町「間人」の名に恥じない仕事。清く、正しく、美しい。まさにそんな漁港で水揚げされるのが、間人蟹。

活ガニ料理

活ガニ料理

「間人ガニの名に相応しい」 と認められた 蟹だけに許される、 緑色のタグ

間人ガニの漁を許可されているのは、たった5艘の船だけ。だから、蟹の漁獲量も少ない。ただでさえ希少価値。水揚げした蟹は、人の手と目で1杯ずつチェック。
「間人ガニの名に相応しい」と認められた蟹だけに許される緑色のタグ、間人ガニの証し。

焼き
焼き「甘の極み」

紅色に変わりゆく蟹を口に含むと、芳醇で香ばしい香りが広がる。
陰と陽のバランスを整える塩は地元の天然蒸留塩。

刺身
刺身「地恵の極」

できることなら、何も付けず召し上がって頂きたいが、必要であれば間人蟹のうま味をつぶさない素材を活かすこだわりの調合醤油、又は秘伝炒り酒で。

茹で
茹で「知恵の極」

炭平では、温かい蟹は食べられない。茹であがった状態では塩が馴染まず、味が険しい。身を冷まし、塩が馴染んだ状態が茹で蟹の最高の瞬間。

しゃぶしゃぶ
しゃぶしゃぶ「味わいの極」

鍋ものは素材もさることながら、ベースの出汁を上品かつ丁寧にとっておく必要がある。口に広がるは極上の冬の神秘。そして鼻にぬける格別な余韻。

甲羅酒
甲羅酒「味わいの極」

蟹好き、酒好き、ツウ好みにはたまらない一品、甲羅丹後杜氏発祥の極上美酒に蟹の香味がのり、その後に続く絶妙な旨み。この調和はまさに極上。

雑炊
雑炊「〆の極」

鍋の最後のお楽しみと言えば、雑炊。
素材のうま味をご飯にしっかり吸いこませた、間人蟹の締めにふさわしい、素晴らしい味が堪能できる。

会席料理

会席料理

四季折々の地味を愛でる漁師町で愉しむ美味旬彩の数々

夕食会席料理

素材に拘った炭平の会席料理。
旬も素材を用いて四季彩豊かに食卓を賑わせます。

《会席イメージ(一例)》

夕食会席料理

新鮮な海の幸と こだわりの食材を食す

  • 夕食会席料理
  • 夕食会席料理
夕食会席料理

四季彩豊かな 旬の味を愉しむ

  • 夕食会席料理
  • 夕食会席料理
夕食会席料理

囲炉裏で しみじみと味わう 季節の海山の幸

  • 夕食会席料理
  • 夕食会席料理

※写真はイメージです。季節や仕入れによって内容が変更となる場合がございます。ご了承くださいませ。

ご予約はこちらから

朝食会席料理

間人の“豊かな心”を朝食こめました。
彩りを楽しみ、味わいを楽しみ…
どうぞ、五感でお楽しみくださいませ。

朝食会席料理

間人の豊かな心をこめました

器も拘りました。

炭平でお出しするお料理はすべて
“旬の素材”を大事にしております。
旬の素材には旬の器を。
季節に合わせて“器”にもこだわっています。

器も拘りました。

個室お食事処

個室お食事処

2015年オープン全席囲炉裏テーブルの個室お食事処『湊-minato-』

個室お食事処「湊」

間人蟹を目の前で捌くカニ解体ショーが人気の
個室お食事処のライブキッチン。
個室のお食事処は、2000本の流木がお出迎え。
丹後の白波をダイナミックに表現した様に
目を奪われる独特の空間です。

ライブキッチン形式間人の海の幸を捌くシーンも楽しめる

暖簾をくぐるとそこは魅惑の食の空間
2015年10月31日オープン
個室お食事処『湊-minato-』

幻想的な雰囲気の小道を通り各客室の個室スペースに

各食事スぺースは流木と竹の飾り壁と襖で区切った
プライベート空間
丹後の美味旬彩をごゆるりと楽しむ

◎襖を外せば大人数用の宴会場使用にも対応。
◎大人数でのお祝いの席等、各種用途にご利用いただけます。

ご予約はこちらから

こだわりの食材

こだわりの食材

間人の海幸

間人蟹(たいざがに)をはじめ、あわび、えび、鯛、ウニなど、新鮮な海の幸に恵まれた炭平は、こだわりの食材を使用したお料理で、おもてなしをいたします。

赤ウニ

赤ウニ
ウニなら赤ウニ

口に入れた瞬間に鼻に抜ける甘い香りと濃厚な味。
「一番甘い、一番上品、香りも最高、一番旨い」ウニ好き漁師が言う、炭平だから食べられる至高のウニ。

岩牡蠣

岩牡蠣
驚くのは、その大きさ

硬い殻を開くと、芳醇な磯の香りと、ぶるんと濡れた白い身。海の養分をたっぷり含んだ、はちきれんばかりの身を口に含むと、驚くほどの甘さと濃さ!

鮑

鮑
やわらかく、とろとろ

本当に新鮮な本物の鮑は「トロトロ」。炭平の鮑は、厳選仕入れの「鮑の中の王者」黒鮑。炭火の上で踊る鮑、醤油でいただくも良し、バターを落とすも良し。

ノドグロ

ノドグロ
むっちりしたうま味と脂身

口の中でとろけ、広がる甘味は「白身のトロ」と呼ばれるに相応しい味。適度な繊維質と滴るほどの脂が乗った身は、まさに高級魚の風格。

オニオコゼ

オニオコゼ
顔は怖いが、味は絶品

高級料亭などでしか目にかかれない高級魚。食感や風味はフグに似ていますが、「フグよりうまい」と仰る方も。うまみの中に清涼感があり、非常に美味。

間人のこだわり

“ここでしか食べられない”
“今だからこそ味わえる本当に美味しいもの”
があります。

こだわりの旬魚

春の食材
  • アワビ
  • アワビ

    磯の宝物。
    アワビの餌の海藻が豊富なこの丹後ではよりいっそう濃醇なアワビが生息する。

  • サザエ

    磯の宝物。
    香り高い磯の恵み。 郷土料理のサザエ飯は芳醇な香りで食べる者をうならせます。

  • サザエ
  • コチ
  • コチ

    マゴチは市場に出回らない高級魚。
    身はフグに似ています。

夏の食材
  • アカウニ
  • アカウニ

    ウニの中でも最高級品。
    クリーミーで濃厚な味わいは、忘れることのできない格別の味。

  • 岩ガキ

    磯のミルク。丹後の天然岩ガキはサイズ、品質ともに最高級品。

  • 岩ガキ
  • 丹後トリ貝
  • 丹後トリ貝

    日本一のトリ貝。
    丹後トリ貝は通常のトリ貝の倍のサイズである。
    価格も超高級。

秋の食材
  • いしだい
  • いしだい

    磯釣りファン憧れの的。
    刺身はほどよい磯の香りがあり美味。

  • かわはぎ

    寒くなるとともに、海のフォアグラと呼ばれる「カワハギの肝」(肝臓)が大きく、おいしくなってくる。

  • かわはぎ
  • のどぐろ
  • のどぐろ

    8月上旬から冬にかけて食べられるノドグロは市場に出回らない高級魚。
    マグロのトロにも勝るほどの旨味。

冬の食材
  • 間人がに
  • 間人がに

    このカニ、幻の間人ガニと呼ばれる。
    丹後町経ケ岬沖合の最高の漁場に最も近い問人港には肉質と鮮度の良い蟹が水揚げされる。
    小さな漁師町間人、そこに水揚げされる数少ない、松葉がにそれが「間人ガニ」である。
    繊細な繊維質、そこに美味さの原因がある。
    口に入れた瞬間に広がる甘みとその弾力、その余韻を持続させる旨み、そして余韻は臭みが少ないことで打ち消されず長く楽しむことができる。一度食べるとその魅力の虜となる。

こだわりの野菜

EM自然農法 梅本農場
EM自然農法 梅本農場

この農家の特徴は化学物質は一切使用していない自然栽培をしていること。その証明として波動測定値がめったにでない最高の数値を出しています。

こだわりの米

こだわりの米
丹後こしひかり

近畿で唯一「丹後コシヒカリ」が東北のお米と同格の特Aの格付けを獲得し、野木源の合鴨農法による無農薬米は地元でも最もおいしいと評判のお米です。

こだわりの塩

こだわりの塩
琴引きの塩

琴引浜海岸の海水100%のみの、純粋な海水塩です。
海の旨味成分をたっぷりと含んでいて、後口には丹後の磯の香りが楽しめます。

こだわりの醤油

こだわりの醤油
丸醤油 刺身醤油
枯梗屋醤油 掛け醤油

大丸醤油 刺身醤油
特定の香りが目立ちすぎることなく絶妙な柔らかな塩味が丹後地魚の刺身の旨みを引き出します。
大下倉醤油醸造所

桔梗屋醤油 掛け醤油
丹後の醤油は甘めであることが特徴です。
その中でも掛け醤油としてバランスの取れた香りと、丹後独特の旨み、口に含むと丹後独特の甘味を舌先でお楽しみ頂けます。
桔梗屋醤油株式会社

宿泊プランご予約 日帰りプランご予約 お電話でのご予約・お問合わせ 0120-42-0680