間人・丹後半島の観光情報/間人温泉の旅館 炭平

お宿炭平 おすすめの観光エリア 城崎

お宿炭平 おすすめの観光エリア地図 城崎エリア

自然の音が響く浜 - 琴引浜(ことびきはま) -

歩くと「きゅっきゅっ」と音が鳴る「鳴き砂」で有名な、全長1800mの海岸。
波消しブロックなどのコンクリート構造物がなく、自然のままの状態で保たれた美しい景色が特徴で、網野町の文化財にも指定されています。

「鳴き砂」は、砂に混じっている水晶と同じ成分の石英(せきえい)が互いにこすれ合うことで独特の音が鳴りますが、少し不純物が混じるだけで音が出なくなります。 そのため、琴引浜はゴミ捨て・喫煙などが禁止となっています。

琴引浜
  • 琴引浜
  • 琴引浜

京都一美しい夕日につつまれてみませんか? - 夕日ヶ浦(ゆうひがうら) -

その名の通り夕日の名所で、「日本の夕日百選」にも選ばれた海岸。
太陽が日本海に沈み、一面が真っ赤に染まる景色は一見の価値ありです。

周辺には「不動の滝」「五色浜公園」「七竜峠」など、自然の雄大さを感じられるスポットがあります。

夕日ヶ浦

豪商の暮らしぶりがうかがえる - 豪商 稲葉本家(ごうしょういなばほんけ) -

織田信長の家臣、美濃の稲葉一族の末裔と言われた稲葉本家。江戸時代には掛屋経営で巨万の富を得、付近諸藩の金融を独占するほどの豪商でした。
明治18年から5年もの年月をかけ建設した母屋からは、当時の暮らしぶりがうかがえます。

現在は、文化財の展示のほか、名物のぼたもちが食べられる喫茶室、陶芸やお香づくりの体験(有料、要予約)ができる工房や特産品販売所があります。

豪商 稲葉本家
  • 豪商 稲葉本家
  • 豪商 稲葉本家

自然の不思議を体感 - 玄武洞(げんぶどう) -

約160万年前、噴火により噴出したマグマが冷却され、形成された岩が波の侵食によりむき出しになり、その後人々が採掘したことで形成された洞くつ。 江戸時代後期、幕府の儒学者がここを訪れた際、岩の様子が伝説上の動物「玄武」の姿に見えることから「玄武洞」と名付けました。

青龍洞、白虎洞、南朱雀洞、北朱雀洞の4つの洞窟があり、国の天然記念物に指定されています。

玄武洞

海の生き物とふれあえる、新感覚施設 - 城崎マリンワールド(きのさきマリンワールド) -

かわいいイルカやアシカのショーが見られるのはもちろん、磯遊び、イルカとのふれあい等の体験もできる水族館。

館内にある釣り堀では、釣ったアジをその場で天ぷらにして食べることもできます。 まるで海の中に潜って行くような体験ができる新感覚アトラクション「ダイブアドベンチャー」も人気です。

城崎マリンワールド
  • 城崎マリンワールド
  • 城崎マリンワールド
  • 城崎マリンワールド

文化人に愛された、歴史ある湯の町 - 城崎温泉(きのさきおんせん) -

平安時代から知られ、1400年もの歴史を誇る温泉街。7つある外湯(泊施設がない公衆温泉浴場、日帰り入浴施設のこと)を順に楽しむ、「外湯巡り」が有名です。 城崎温泉では「浴衣が正装」とされているため、外湯巡りを楽しむ人はほとんどが浴衣姿。柳が垂れる川沿いに浴衣姿の人たちが行き交う風景は、情緒たっぷりです。

また、古くから泉鏡花、志賀直哉、司馬遼太郎、島崎藤村、吉田兼好、与謝野晶子等の文化人に愛された温泉としても有名で、志賀直哉は城崎を舞台にした短編小説も執筆しています。

城崎温泉
  • 城崎温泉
  • 城崎温泉

▲ページのトップへ


   
間人ガニと間人温泉を満喫するお宿 炭平 〒627-0201 京都府京丹後市丹後町間人(たいざ) TEL(0772)75-0005 FAX(0772)75-1476
Copyright(c) SUMIHEI All rights reserved.
夕日ヶ浦 豪商 稲葉本家 玄武洞 城崎マリンワールド 間人 琴引浜 城崎温泉