日別アーカイブ: 2017年8月17日

夕昏百景/絶景夕日に出会う旅の出来る海の景観が自慢の間人温泉 炭平旅館へは五山の送り火がお盆の風物詩の京都府京都市からお車で約2時間

いつものように間人温泉 炭平旅館のある

京都の丹後半島からお届けしておりますが

こちらでは

7月はかなり暑かったのですが8月に入り一気にトーンダウン

今年は例年と比べると

涼しい夏になるのではないかなと思っております

クーラーに頼らなくてもよいくらい

海からそよそよとなびく潮風が心地良い

過ごしやすい日が多いですね

皆様のお住いの所はいかがでしょうか

 

只今、旧暦で言うところの立秋にあたります

はじめて秋の訪れに気づくころと言われておりますが

涼しい夏の丹後半島では今のところ

秋の気配と言いますと

日に日に西に移動する夕日の沈む位置か

日に日に早くなる日の入り時刻と言ったところでしょうか

 

8月17日現在 炭平旅館のある間人は18:47の日の入りです

お越しの際は当館のウリの一つ夕日の絶景もぜひお楽しみください

IMG_7036IMG_7030IMG_7033

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei/category/13684

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立より40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com


夏はゆっくり夜の丹後の海を見ながら、温泉にはいりませんか。夏の夜空と海を見ながら入る温泉は格別で、最高です。間人温泉炭平旅館の温泉。

 

画面の前の皆様こんにちは。

間人温泉炭平旅館の篠田です。

 

少しずつ京丹後は涼しくなってきておりますが、

まだまだ動くと汗があふれ出る暑さです。

暑い…暑い…

 

汗をかいた後にはなんと言っても、温泉です!

炭平旅館の温泉「空の雫」と「風の雫」は、

眺めが格別でございます。

 

間人温泉炭平はほぼ京都の最北端にありますので、

遮る物が無く、海を一望することができます。

 

 

IMG_0054

 

 

今の季節、丹後の海は青くてとっても綺麗です。

青!まさに青!疲れた体も海を見ればいつも癒やされます。

 

また夜になれば、温泉が綺麗にライトアップされますので

これまた綺麗なんです。

 

c03a8075

 

 

人工物は自然の美しさには勝てないと

私は思っています。

 

星空や月の光に照らされた海は格別です。

丹後にはそれがあります。

 

夜空の月と海を見ながら綺麗な温泉に入る。

最高だと私は思います。

 

皆さん、ぜひ海と温泉に癒やされにお越し下さいませ。

心よりお待ち致しております。

 

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei/category/13684

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立より40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    篠田

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com

 


ご宿泊頂いた京都・丹後 間人温泉 炭平旅館のご感想(平成29年7月16日泊)

何もかもが完ぺきで、とても良かったです。

食事もおいしくお客に対する接し方が

とても丁寧でした。

お風呂は清潔感があふれていました。

すべての食事一つ一つの説明が丁寧で分かりやすかったです。

良い気分で今日を過ごすことができました。なのでまた来たいです。

(本館一般客室にご宿泊のお客様より)


ご宿泊頂いた京都・丹後 間人温泉 炭平旅館のご感想(平成29年7月16日泊)

初めての利用です。ちょっと遠かったのですが、足をのばして来て良かったデス。

お部屋からの眺め良し、お風呂良し、食事良し。

そして従業員の方々の心からのおもてなしに感動しました。

すべてハナマルです。(食事時の写真ありがとうございます。)

また、いつか今度は間人蟹の旬な時季に来れたらと思います。

ついでに申し上げるとお部屋の名前が「朱」で妻の名前が「朱実」

初孫の名前が「湊太郎」で食事処が「湊」と

イロイロ、縁がありました。

(本館一般客室にご宿泊のお客様より)