「おススメ観光スポット」の記事一覧

京丹後 冬の日本海 白波(旅館・カニ)

炭平旅館近くの 城島前とその防波堤。

海の京都 冬の日本海らしくなってきました。「ゴーと言う音と共に」 

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ. http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei.
ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい.
http://www.sumihei.com/mailformpro/. .
============================.
天橋立、伊根の舟屋から約40分のドライブ. 間人温泉 炭平旅館
〒627-0201. 京都府京丹後市丹後町間人3718. tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476. http://www.sumihei.com/. mail:yoyaku@sumihei.com. .

黄昏の伊根の舟屋(丹後 カニ 旅館)

伊根の舟屋
伊根の舟屋、黄昏に染まる舟屋の空、秋空のようでした。
丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラhttp://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei/category/13684
ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい
http://www.sumihei.com/mailformpro/
============================
間人温泉 炭平旅館  おもてなし部 
〒627-0201 京都府京丹後市丹後町間人3718 tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476 http://www.sumihei.com/ mail:yoyaku@sumihei.com

天橋立での夕日 まさに水彩画(天橋立 カニ 旅館)

丹後は絵になる絵になる景色の宝庫、天橋立の夕日。見とれてしまいますね。

城の崎にて夏の終わり。外湯巡りに浴衣のそぞろ歩き。夏物語・夢花火の会場の城崎温泉は間人温泉 炭平旅館から約50分のドライブ

気が付けば夏ももう終わり

(毎年言っているようにも思いますが)

本当に今年の夏ははやかった

まさに一瞬で過ぎ去ろうとしております

まもなく、食欲の秋

そして11月7日からのカニの冬を迎えます

秋、冬の予約がここ最近多くなっておりますので

ご予約はどうぞお早めにお願いいたします

 

そんな一瞬で過ぎていく今年の夏は

間人温泉 炭平旅館から車で約50分

兵庫県にある城崎温泉にちょくちょく行っており

ほぼ連日開催されていた【夏物語 夢花火】の打ち上げ花火を撮っておりました

 

当初は10分少々、約200発と普通の花火大会よりは少ないので

カメラの設定を思い出すうちに終わるという苦戦そのものでしたが

花火の演目が日ごとに変わらない為

後半はようやく慣れてまともな写真も何枚かは撮れたかと

 

最終日は人、人、人の盛り沢山でしたが

城崎温泉の中心を流れる大溪(おおたに)川に灯籠が流れ

川沿いの柳もあって風情ある雰囲気に

そんな風情ある雰囲気より驚いたのは

ちょっとどころか豪雨の時もありましたが中止にならず

打ちあがる打ち上げ花火

雨でも花火って上げれるのですね

 

これだけ足しげく通ったのは

実は城崎温泉に当館の2号店を開業するため

まだ詳細は後日の状況ですが

近々またご案内できるかと思います

 

来年の城崎温泉へのご旅行のご計画や

また夏物語 夢花火の鑑賞は

ぜひ新しくオープンする間人温泉 炭平の二号店舗でお楽しみください

77-311-133-144-166-1

 

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立、城崎温泉より40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0120-42-0680, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com

タイザ温泉 炭平旅館のある京都府の難読地名・間人(たいざ)と聖徳太子の生母間人皇后とカニ宿お勧めの最上級ガニ・はしうど蟹

本日は間人温泉 炭平旅館のある

京都府京丹後市丹後町「間人」についてのお話です

たまに電話で

「まじん温泉?」とかお問い合わせ頂きます

wikipediaにも載るほど読み方が難しい日本を代表する難読地名の一つ、間人(たいざ)

この間人の名前の由来は

聖徳太子のお母さん「穴穂部間人(あなほべのはしうど)皇后」に由来するものです

_X2A2763

 

間人皇后は奈良で始まった戦乱を避けるために

当時「大浜の里」と呼ばれていたこの地に来られ数年間過ごされたそうです

戦乱も治まり都に帰る際

身を隠している間の大浜の里の住人の手厚いおもてなしに感動された間人皇后は

お礼にこの地域に貢献する為、7名の家来を常駐させた他、

皇后の名をこの地の名称として使用することを提案頂いたのですが

住人は地名と言えど呼び捨てにするのは畏れ多いとの事で

漢字だけ頂いて読み方は好きに読もうとしたそうです

ちょうど間人皇后が皇后の位を退座(たいざ)されるタイミングでしたので

間人と表記してたいざと読む難読地名が出来上がったとの事です

C03A7549

ここで特筆すべきは

間人皇后が感動された手厚いおもてなし

時の神様のような身分の方ですので

例えば食事に至っては

本当に良いものを出そうと厳選に厳選を重ねてご提供したと思われます

一番良いものをご提供したいその真っ直ぐな心意気に

感動され支持されたのだと思います

 

その古くからこの土地に根付く

本当に良いものをご提供しようとする真っ直ぐな心意気を形にすべく

カニの宿、間人温泉 炭平旅館は今年から

炭平オリジナルのカニブランド【はしうど蟹】をスタートさせております

_X2A2480

 

お客様にご宿泊いただくその日、一番の良質な活ガニを楽しんで頂く為

カニを水揚げする各港の選別基準に加えて

当館独自の厳しい選別と徹底的な鮮度管理を行い

間違いなく美味しいと当館が自信をもってご提供できる本当に良いカニを

【はしうど蟹】と銘打ってご提供いたします

 

間人蟹をワンランク超える日本最上級のカニをご提供する新ブランド【はしうど蟹】

この冬は

身詰まりも良く、大きく食べ応えがあり

徹底的な管理により

カニ本来の上品な美味を楽しめるはしうど蟹で

カニってこんなにも美味しかったんだ!?と感動して頂けると思います

ぜひ炭平オリジナルの新ブランド【はしうど蟹】ご期待ください

_X2A2279 _X2A2187 _X2A2161

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立、城崎温泉より40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com