カテゴリー別アーカイブ: 調理場通信

5月27日(土)18:30から日本テレビ系列で放送の【満天☆青空レストラン】に間人温泉 炭平旅館でも人気の夏の美味【丹後とり貝】が出ます

6月目前となりまして

仕入れ業者の方々から夏に旬を迎える食材のお話を聞くようになりました

その中のお話のひとつが

5/27(土)本日18:30から日本テレビ系列で放送の【満天☆青空レストラン】に

丹後半島の誇る夏の高級食材【丹後とり貝】が取り上げられるとのこと

 

今回は京都府の舞鶴市でのロケだったようで

昨年12月の京丹後市で行われた堀川ごぼうのロケに引き続き

宮川大輔さんにお越し頂いたようです

どのくらいの頻度で「うまーい!」と言って頂いているか放送内容が気になるところです

 

当館でも販売開始以来、実に好評な丹後トリ貝を使用した夏期限定プラン

本日放送の満天☆青空レストランで

全国初の育成方法に成功した丹後半島の誇る夏の旬食材の美味しそうな様子をぜひチェックしてみて下さい

▽丹後とり貝愉しむ夏期限定プランはコチラから▽

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/pbview/customer/sumihei/category/13684/pbid/925505

▽満天☆青空レストランのHPはコチラから▽

http://www.ntv.co.jp/aozora/

料理タ0045601

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラhttp://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei/category/13684

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立より40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com


2017夏期限定新プラン!希少な高級グルメ【丹後とり貝】を満喫する夏の宴

岩ガキやウニ、ハモも夏の丹後半島は非常に美味しいのですが

全国の高級料亭や食通たちに大変な人気を誇る夏の旬食材があります

ご存知でしょうか?

その名も【丹後とり貝】

 

当館ではあまり使ってこなかった旬食材でして

と言うのも少量すぎて入手がかなり難しかったんですね

冬は幻の通り名で知られる間人ガニを扱っておりましたが

個人的には丹後とり貝の方が幻の感があるようなものでした

今年は仕入れが上手くいった為宿泊プランで登場です!

 

▽丹後とり貝愉しむ夏期限定プランはコチラから▽

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/detail/customer/sumihei/plan/232135

一つはお刺身で肉厚の食感の良さを一つは炭火で炙って香ばしさと甘みを

お一人様につき2つの丹後とり貝をお楽しみ頂きます

夏期限定となっております

どうぞお見逃しなく

料理タ004_X2A0892

宿泊カレンダーから選ぶ予約可能日はコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/daycalender/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

間人温泉 炭平旅館

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com


夏の京都・丹後が誇る美味。全国の食通唸らす希少な高級グルメ【丹後とり貝】入荷しました!老舗旅館の間人温泉 炭平で愉しむ夏の滋味

本日の間人温泉 炭平の調理場では

大きな丹後とり貝が至る所にずらずら並び

希少な貝がたくさんと言う中々珍しい光景でした

 

この丹後とり貝

グルメな方はもちろんご存知でしょうが

夏に旬を迎える全国の高級料亭や食通に人気の逸品でして

丹後半島で育てておりますので丹後と言う冠が付いていますが数が少ない為

実は丹後にいてもあまり見たことない品物でございます

 

驚くのはこの大きさ

殻付き重量100g超と一般的なトリ貝の約1.8倍にもなります

大きいものほど味がぼやけるとはよく聞きますが

この丹後トリ貝はそのような通説は当てはまらず

大きく肉厚な身に深い甘みを有しております

しかもサクッと噛み切れる歯ざわりの良さも人気の秘訣

 

今年の夏は仕入れが上手くいったようで

宿泊プランで別注料理で多くのお客様にお楽しみ頂けそうです

夏の丹後半島が誇る美味、丹後トリ貝

ぜひお楽しみください

_X2A0892IMG_6500

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラhttp://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei/category/13684

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立より40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com


蟹ラバーの多くのお客様が雄蟹と同じくらい愛されているこっぺ蟹! 丹後半島 間人温泉 炭平旅館では今シーズン、こっぺ蟹が大活躍中です 

本日も昨夜同様、蟹料理のお話を少しばかり。

 

オス蟹がお好きな方ってやはり多いですよね。

それと同じくらい、メス蟹が好き!という方、最近とくに多いように感じられます。

(わたしが出会うお客様がたまたまメス蟹好きな方々ばかり・・・という可能性もなきにしもあらずですが。)

 

当館がある丹後地方では、メス蟹は「こっぺ蟹」の愛称で親しまれていて、

ご夕食時にお出ししているお品書きにもしっかりと「こっぺ蟹」と記されております。

当館ご近所さんである津居山港、柴山港などでは「せこ蟹」と呼ばれているようですし、

北陸地方では「香箱蟹」と呼ばれており、地方によって呼び方が違うメス蟹。

ご存じの方が多いかと思いますが、メス蟹の中は外子と内子で分かれており、

外子はお腹にある卵のことを指し、産卵直前の「成熟した」卵のことです。

そして内子は、次に卵になるが、今はまだ卵になっていない、「未成熟」の卵のことを指します。

 

当館ではこちらのメス蟹をご夕食時に2度楽しんでいただいておりまして、

一度目は八寸または刺身でこっぺ蟹本来の甘さ、ぷちぷち感をお楽しみいただきます。

二度目はみそしゃぶ、かにしゃぶに使用する鍋のお出汁とりとして使用しております。

メス蟹の旨みがしっかりと出たお鍋で、かにしゃぶ、みそしゃぶ、そのあとのお野菜、お雑炊!

こっぺ蟹ラバー以外のお客様も納得の一品で、お客様の至福のひととき作りに一役かっております。

当館でのひととき、こっぺ蟹も堪能していただければ、と思います。s9ap-OLc

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立から40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    大平

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com


みそしゃぶ、蟹しゃぶというお料理の後のカニ料理〆!蟹雑炊 丹後産のおいしいコシヒカリを使用した蟹雑炊はまさに絶品 間人温泉 炭平旅館の自慢の逸品です

今夜の丹後半島は風もつよく、大変冷え込んでおり、

またそろそろ雪が降りそうな気配が漂っております

 

雪が降ると、公共交通機関も乱れが生じることがあったり、と

普段起こらないことが起きやすくなってしまう時かと思うのですが、

蟹料理は雪が降っている中食べるとなぜか格段とおいしく感じられますよね!

毎日蟹を焼き、毎日蟹を向いている私ですが、その謎は未だに解明できておりません。

なぜでしょうね。

 

そんな疑問を胸に抱きながらも本日ご紹介するのは当館自慢の蟹雑炊

しいたけ、人参、ほうれん草などのお野菜旨みと蟹の旨みがしっかりと出ているお出汁に

丹後が誇る美味しいお米・コシヒカリが加わり、絶妙なハーモニーを奏でます。

ここで、個人的におすすめしている蟹雑炊に至るまでのお鍋の食べ方をご紹介いたしますと、

鍋に野菜をいれて少ししてから蟹のハラミをくわえ、お雑炊にその身をまぜて食べるというもの。

しかし、鍋の食べ方もお好みがわかれるところでしょうか?

ご来館の折には、ご自身のお好みにあった美味しいお鍋を召し上がっていただければと思います。

 

そして、至極おいしい蟹雑炊が、当館でのご夕食時のひとつの楽しみとなればさいわいです。

IMG_3188-1-768x512

 

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立から40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    大平

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com