「丹後半島ドライブ案内」の記事一覧

丹後半島のドライブ案内ページができました。

丹後半島のドライブ案内ページを作りました。
今後、丹後半島のオススメ情報をこちらに記載いたします。
こちらへどうぞ>>

絶景と古代ロマンの穴場 産土山古墳と大成古墳

【場所】当館から車で5分のところの古墳の丘です。
【オススメ】写真スポットとして、探検の場所として楽しい
【驚き情報】地元では有名の絶景の場所です。観光情報ではあまりのっていません。古墳は手に触れて中に入って臨場感あり!
場所はここ、入り口に見逃してしまいそうな産土山古墳の看板があります。
今回は産土山古墳の写真はありません。景色と大成古墳群の写真を撮りました。
■産土山古墳(丹後町竹野小字宮の越 国指定史跡)
直径50mの円墳で、3段構築からなり外部施設として葺石・円筒埴輪・家型埴輪が確認されています。1939年の発掘調査で石棺内部は赤く朱が施され人骨が出土しました。副葬品として、刀剣・鏡・玉類のほか、木弓・環頭刀子・瑪瑙の勾玉等の非常に豪華で豊富な遺物が出土。(京都大学に保管)
この古墳の築造は古墳時代中期5世紀で、被葬者は竹野川流域を広く支配した大豪族だと推定されています。
■大成古墳群(丹後町竹野小字大成)
横穴式石室を内部主体とする、全部で13基の古墳からなる古墳群です。
石室内から須恵器・土師器・刀剣・鉄鏃などの鉄器類、碧玉製管玉・瑪瑙製勾玉・ガラス小玉・金環(耳飾り)等の装身具が発見されました。


大きな地図で見る
先ずは大成古墳の横穴式石室の写真、花の中に埋もれる石室、宮崎駿さんの漫画にでてきそうな風景です。ご先祖様も和やかにお過ごしでしょうね。
花の中の横穴式石室.jpg
手で触れて中にないって見てみよう!でも老化してますので気をつけてください。
大成古墳
大成古墳
さて、ここからが絶景のご案内です。
後ヶ浜側を見た絶景です。こんな景色がみれます。珍しい砂浜でしょう。日本の誇れる風景だと僕は思います。
後ヶ浜の絶景
こちらは竹野の浜の絶景です。
夏はもっとエメラルドグリーンに変わります。
竹野の浜
ちょっと危険な探検もできます。
この丘から、海側に小道が幾つかあり、そこから浜や岩礁におりることができます。
産土山古墳の小道.jpg
産土山古墳からの絶景.jpg
産土山古墳の岸壁.jpg
産土山古墳の斜面.jpg
産土山古墳の石段.jpg
産土山古墳の石段と海.jpg

袖志の棚田が綺麗な時期

棚田百選にも選ばれた丹後町袖志の棚田
当館より車で15分ぐらいのところにあります。
400枚の棚田が夕日の日に照らされて美しく甦ります。
この景色が見れる時期がそろそろやってきます。
5月の中ごろ、もしくは6月にはこの景色になります。
乞うご期待!!
袖志の棚田
地図でいうとここです。山手側に上がっていくのですが、行き止まりもありますので、ご注意!

大きな地図で見る

『砂方』(海水浴or磯遊びのオススメスポット)

【場所】当館から車で2・3分のところの砂浜です。
【オススメ】海水浴と磯遊びが楽しい
【驚き情報】実はここは鳴砂です。
砂方マップ.gif
とてもこじんまりとした小さめの砂浜ですが、遊び方は沢山!
あれやこれやと人的なサービスが多いのではなく、自然そのままで沢山面白さがあるところです。楽しみ方はその人によってもっともっと増える場所だと思います。
砂浜と磯が両方たのしめ、隣には漁港があり魚釣りもできます。
ここは本当に小さく小さな村の昔ながらの砂浜といった雰囲気で、家族団欒で楽しむというのには最高の場所でしょう。バーベキューもできるそうです。また、驚いたことに砂浜を歩くと鳴砂の音がしました。よく見ると小さな透明の繊維が沢山あり、間違いなく琴引浜と同じ砂です。鳴砂です。
細長く続く磯は、この先に何か面白そうなものがありそうと何故かワクワクする雰囲気が満載で冒険するような感じで磯探検するのも面白いと思いました。
砂方の海の色
凪ぎのときはこんなに綺麗な色です。
砂方 駐車場も近い
駐車場が砂浜すぐのところまであるので非常に便利、お子様連れにはとても便利です。
砂方(砂).jpg
鳴き砂です。雲母と呼ばれる繊維が多く含まれていてすり足で歩くとキュッキュッと音が鳴ります。浜がしっけていると鳴きません。
砂方(磯).jpg
磯がずーっと先のほうまで続いています。
砂方 白い岩
磯を歩いていくとこんな綺麗な岩もあったりします。また、コウモリの洞窟もあるそうです。
砂方(漁港).jpg
反対側にいくとこんな、小さな漁村もあります。ここで魚釣りも面白ろそうです。
砂方(通路).jpg
漁港にいくには砂浜からこんな通路を歩いて1分の距離、砂浜のすぐ横です

丹後半島ドライブ案内を始めます。

丹後半島に来て1年半がたちました。丹後半島は綺麗な景色や不思議なところ、ワクワクするような場所が沢山有ますが、その情報が世間に出回っていないのが現状です。そこで、丹後半島初心者の私が丹後半島ドライブをしながら楽しめる場所をご案内させて頂きます。
観光マップ.gif