カテゴリー別アーカイブ: ズワイガニと松葉蟹、そして間人蟹とは

肉、29、にくの日。牛豚鶏あれどタイザガニの美味しい宿・間人温泉 炭平旅館でニクの日にお届けするのは活ガニと冷凍ガニの蟹肉の違いです

8月29日

本日肉の日でございます

インターネットの精肉販売だと1か月おきにくるセールの日ですね

そんなニクの日の今日

活ガニ専門店 間人温泉 炭平のブログでお届けするのは

牛肉でも豚肉でも鶏肉でもなく

やっぱりカニ、カニ肉のお話です

 

当館でよく書くこの表現「活ガニ専門店」

そもそも活ガニ(かつがに)とは何ですかということですが

冷凍していない食べる直前まで生きているカニの事です

_MG_0306

カニ水揚げの現地に来て頂けるからこそ楽しめる鮮度抜群の活ガニの美味

冷凍ガニは味が塩が濃く味が良くも悪くも大味なのに対して

(冷凍ガニを食べて口がかゆくなるのは多くの方が経験済みかと)

活ガニは上品そのもの

カニ本来の本当に上質なおいしさ、甘みをお楽しみ頂けます

間人蟹も津居山蟹も活ガニのみご提供する当館では「鮮度の違いだけでこんなに違うの!?」と毎年お客様に驚いて頂いております

 

冷凍ガニはアラスカ産だったりロシア産だったりしますが

わざわざこんな遠くのカニ水揚げの現地に来ていただいて食べるものでもないかもしれません

 

しかし万能に思える活ガニもデメリットもありまして

冷凍ガニのカニ身は冷凍してますのでボテっと殻から取りやすいのですが

活ガニは鮮度抜群ゆえにカニ身を殻から取るとき

くっつくは固いはで中々外しづらいのです

何度お客様の前で苦戦したか…

 

ただこの苦労があるからこそ

カニ身を当館秘伝のカニ鍋専用だしでしゃぶしゃぶにした時の

えも言われぬ幸福感をお楽しみ頂けるわけです

絹のように繊細な活ガニのカニ身が

出汁の香りをまとい口の中でほぐされていく瞬間は

どのお客様も思わずにやけてしまいます

「カニしゃぶを頬張る私の口の中が今世界で一番幸せな場所よ」

との有難いご感想を頂きました当館の活ガニのしゃぶしゃぶ

冷凍ガニと活ガニの違いはしゃぶしゃぶが一番分かりやすいかもしれませんね

 

いよいよあと2か月少しで解禁のこの美味しさ

多くのカニ好き・カニ通を虜にする活ガニ専門店 間人温泉 炭平で存分にお楽しみください

_X2A5061IMG_3156_X2A5147

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立より40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com


間もなく解禁となる間人蟹と松葉ガニ、ご当地がに等かににまつわるエトセトラ/日本海のタグ付き活蟹を堪能する京都の老舗旅館 間人温泉 炭平

間人蟹と松葉ガニってどう違うんですかと言うご質問を良く伺いますので

本日はその疑問にお答えするちょっとしたご説明のブログです

そもそも松葉ガニは山陰地方で水揚げされるズワイガニのことでして

間人蟹も山陰海岸に属する丹後半島沖合で獲れますので

一言で言ってしまうとズワイガニ=松葉ガニ=間人蟹です

簡潔にまとめますとご説明はこれでおしまい…

 

日本海で獲れるズワイガニは水揚げされた港で各自名称を変えたり、タグの色を変えて地域名を掲げてブランド化をしておりますので混同される方も多いようです

水揚げの港が異なるということは生息域の異なるカニを水揚げしていますので

カニの質、味も異なっております

間人蟹は他のカニに比べて丹後半島の山から海に流れ込む養分が良質で生息域が砂場が多い為

身の詰まりが良く足が長いと言われております

一度他のご当地ブランドガニと食べ比べてみたいものです

 

まとめますと

ズワイガニ=松葉ガニ(間人ガニ、香住ガニ、津居山ガニ、柴山ガニ等山陰地方水揚げのカニ)、越前ガニ(福井で水揚げのズワイガニ)、加能ガニ(加賀、能登で水揚げのズワイガニ)、北海松葉ガニ(北海道で水揚げのズワイガニ)

こんな感じになるようです

今年の冬のカニ旅のご参考にして頂けると幸いです

間もなく11/6のズワイガニ漁の解禁日

カニ好きな皆様はそわそわして頂いておりますかね?

_MG_0356

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

伊根の舟屋から約40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com