「大平日記」の記事一覧

2017年も蟹で賑わう丹後半島 間人温泉 炭平旅館のカニ料理を少しばかりご紹介 

「少しばかりご紹介」ブログも今回で数回目。

そろそろシリーズ化しようかな、と思い始めた今日この頃。

 

本日少しばかりご紹介するのは、蟹しゃぶ!

「1,2の3!」でしゃぶしゃぶをした蟹の身はすぐに花が咲き、お鍋のお出汁とあわせて食べると絶品!

このお出汁もまた多くのリピーターのお客様に愛されているお味で、

お鍋のお出汁を飲み干してしまう方がいらっしゃるほど。

また、当館ではミソしゃぶと銘打ってお出ししているカニ料理がございまして、

これが蟹ミソもこのお出汁をはったお鍋に少しだけ入れ、

完全に火が入ったミソと出汁を一緒に飲んでいただくというもの。

こちらもまた、長年たくさんのお客様に愛されているお味です。

 

冬の風物詩のひとつ、蟹しゃぶ!

今冬は炭平旅館でいかがでしょうか?

_x2a5112

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立から40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    大平

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com

活ガニ料理専門店・炭平旅館の元旦のご夕食、ご朝食内容を少しばかりご紹介! 無病息災を願う黒豆や豊作を願う田作りをいつものご朝食にプラスしております!

あけましておめでとうございます!

とうとう年も明け、新たな一年がスタートしましたね

2017年元旦の丹後はこれまたあたたかな日差しが日中差し、

1年の最初の日にふさわしいと言えるようなお天気でございました

皆様は良い一年のスタートをきれましたでしょうか?

 

 

当館でも元旦ということで、先のブログでもご紹介したようにお正月の装飾品を用いて

館内を彩っております。

さらに本日のご夕食では八寸のなかに一品、数の子を追加

ご朝食でもおせちとまではいかないまでも、無病息災を願い、黒豆や田作りなどをお出ししております

 

これからまたより一層と寒さが厳しい季節となりますが、皆さまどうぞお体にはお気をつけて

素敵な一年をお過ごしくださいませ。

htcul_i2 fakmse69

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立から40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    大平

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com

丹後半島 間人温泉 炭平旅館ではご夕食で蟹を堪能していただいた後、年越し蕎麦をお出ししました! 2016年大晦日の当館の様子を少しご報告

今年も紅白歌合戦、カウントダウンTVなどで世間様が盛り上がる中、

2016年最後のブログとなりました!

 

当館では、大晦日である12月31日のご夕食後に年越しそばをご用意し、

お客様お一人おひとりにお配りしました

残念ながら、その年越しそばの写真を撮りわすれてしまったのですが、

2016年最後の日まで当館大変賑わっておりました! 大変ありがたいことです

 

大平家では年越しそばは年が変わる少し前に食べていたので、

つい最近まで知らなかったのですが、年越し蕎麦は大晦日であればいつ食べてもいいものだそうで。

くわえて、なぜ大晦日に蕎麦を食べるのかを調べてみたところ、

他の麺類よりも「切れやすい」蕎麦を食べて、悪縁を切ろう!という説が有力なのだとか。

 

もうすぐ2017年に移り変わるわけですが、皆さまは新年を迎える準備は整っていますか?

皆様が悪縁を断ち切り、良いお年を迎えられるよう心より願っております!

 

今日は、今晩お食事処横に設置された装飾品の写真です

 

img_6017

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立から40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    大平

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com

2016年も残りわずか 明日の今頃には除夜の鐘が響き渡りますね! ということで、蟹で賑わう丹後半島 間人温泉 炭平旅館から年末のご挨拶を! 

2016年も残り1日となり、私は早くも除夜の鐘の音を脳内再生しております

本日の丹後半島はみぞれまじりの雨が降ったりやんだり、

時折雨雲の隙間からあたたかな陽がさしたりと、よくわからないお天気ではございましたが、

変わらず雪が降ることはございませんでした。 雪は年明け後ですかね?

 

思い返せばこの2016年、たくさんのお客様と出会うことができました。

そして時にはお客様と再会し、私自身しあわせな日々の連続でした!

わたしを含め炭平スタッフ一同2016年以上に、お客様お一人おひとりに

幸せな時間をお届けできるよう邁進していきます。

2017年もどうぞよろしくお願いします。

 

img_5998

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立から40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    大平

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com

 

 

2017年初旅行に丹後半島 間人温泉 炭平旅館へ蟹旅行はいかがでしょうか? 当館板場が自信を持ってお出しする焼き蟹について今日は少しばかりご紹介

蟹料理というと、何を思い浮かべられるでしょうか?

以前のわたくしですと、しゃぶしゃぶして花の咲いた蟹をポン酢につけて食べる情景を思い浮かべていたのですが、

最近配膳をしていて、あー!とってもおいしそ~!と思う蟹料理ができました。それが焼き蟹です。

この年にしてやっと!焼き蟹の良さに気づきました。

特に焼き蟹のおすすめの食べ方は、焼いた濃厚なミソに焼いた蟹の身を着けて食べる方法!

もちろん、それぞれ単体で召し上がっていただいても美味しいのですが、

炭火で焼きすぎないように調整して当館の接客員が焼いた蟹の身と、

ふっくら焼き上げたおミソを合わせますと、まさに絶品!

焼き蟹を堪能したあと、その甲羅を甲羅酒で使用することもでき、

焼き蟹の楽しみ方は何通りもあるのです!

ご来館いただいた際はぜひ、こちらお楽しみいただけましたら、と思います。

 

_x2a5278

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立から40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    大平

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com