「大平日記」の記事一覧

冬になると食べたくなる蟹料理・・・ 2016年のご旅行は、蟹旅行で締めくくりませんか? ライブキッチンスタイルのお食事処で食べる日本海の幸 間人温泉 炭平旅館

 

冬になると、なぜか食べたくなる蟹料理・・・!

雪がすこしちらつくほど寒い日に、蟹鍋を食べたい!そんな衝動に駆られる方、少なくはないかと思います

 

当館では、お食事処でご夕食を召し上がられるお客様の蟹は、

昨年10月に新設したばかりの割烹 お食事処・湊 -minato- 内のキッチンにて捌きまして、

捌きたての新鮮な蟹をお客様にお出ししております。

勿論蟹を捌いている調理人の姿、捌かれている蟹の姿どちらも眼の前でご覧いただけ、より臨場感を持って蟹料理をお楽しみいただけるかと

2016年も残りわずか・・・今年の締め旅行に蟹を堪能するというのはいかがでしょうか?

 

kani

 

 

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立から40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    大平

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com

 

 

 

 

 

 

 

丹後の期間限定酒を間人温泉 炭平でも取り扱いを始めました! こだわって造られた純米吟醸酒とカニ料理、ご一緒にいかがでしょうか?

 

カニ料理を食べるからには日本酒と一緒に!という方も多いはず!

ということで、当館でも豊富に日本酒を取り揃えておりまして、甘口~辛口いろいろございます

つい先日からは、ブログにて紹介いたしました白杉酒造さんが、期間限定酒を販売し始めたそうで、

その期間限定酒を当館でも取り扱いを始めました!

そのお酒が「白木久 龍宮浪漫譚」(しらきく りゅうぐうろまんたん)という漢字が少しばかり多い純米吟醸酒でして、

このお名前は浦島伝説が残る丹後の海の底で、じっくり半年間熟成させたことからきているそう。

 

海水が日本酒と混ざらないように、と特殊な二重キャップをしておりますが、どこか潮気を感じるこのお酒

当館にお越しの際は是非!

 

fullsizerender

 

 

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立から40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    大平

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com

 

天橋立のお向かいさん、日本のベネチアと称される伊根の舟屋でジブリのような世界を堪能してきました! 丹後半島 間人温泉 炭平旅館

 

今日のお昼のブログで向井酒造さんについてご紹介しましたので、

今回は向井酒造さんのある伊根町について少しご紹介をしようと思います

伊根町というと、映画やドラマのロケ地として利用されていたり、ネット上では「日本のベネチア」と称され、

まとめサイトが作られていたりとで、認知度も少しずつ上がってきている町です。

 

この伊根町にはご存じの方も多いかと思いますが、舟屋と呼ばれる海面ぎりぎりに建てられた民家が並んでいます。

構造としては、民家の1階は、船揚場兼作業場。この1階から海へは舟でそのまま出られるようになっています。

そして、2階は居住スペースとなっております。

一見すると、この舟屋と呼ばれる民家がまるで海の上に並んでいるように見え、それはまるでジブリの世界のように素敵です!

昔は陸路が整っておらず、この海路の利用が活発であったようですが、いまは陸路もある程度整い、

バスも伊根の町中を走っております

そして、もちろん海路をつかって観光もでき、

伊根を一通り望んでいただける遊覧船もあったりとで、海からと陸からとでダブルで伊根観光をお楽しみ頂けます

 

当館から約50分~1時間の距離にある伊根の舟屋でカメラ片手に散策などいかがでしょうか?

fullsizerender

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei/category/13684

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

伊根の舟屋の里公園より50分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    大平

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com

NHK連続ドラマ「ええにょぼ」舞台の町 伊根へ! 女性杜氏がいる酒蔵は舟屋で有名なこの町にあります 日本酒女子の間でも人気の酒蔵に訪問 丹後半島 間人温泉 炭平旅館

 

先日、日本で海に一番近い酒蔵とされる、向井酒造さんへいってまいりました!

 

この向井酒造さんがある伊根町は、舟屋で大変有名な町でございますが、

今回は舟屋のお話しではなく、昨日に引き続き、酒蔵のお話しをいたします。

 

 

向井酒造さんは、女性杜氏の方がいらっしゃる酒蔵として昨今とても人気!

新聞や、雑誌など様々なメディアで取り上げられることも多いようで、なかなか名の知れた酒蔵であるかと思います。

その知名度ゆえか、私が足を運んだ平日ど真ん中 水曜日でもちらほら観光客の方がいらっしゃいました!

 

その向井酒造さんで特に人気のお酒が、伊根満開!

ご存知の方も多いように、この伊根満開は古代米(赤米)をつかって造られており、

日本酒でありながら色はロゼ色、くわえてフルーティなお味が特徴的です

 

店頭にいらっしゃったスタッフの方がおすすめしてくださった飲み方の1つである、ワイングラスで飲んでみたのですが、

まるで果実酒のようなお味で、するする飲め、あっという間に私は300MLの飲みきり瓶を空けてしまいました

この伊根満開は現在、世界7か国に輸出されているようで、その人気と評価の高さがうかがえますね!

当館でも、伊根満開を、ワイングラスでも、ソーダ割でもお楽しみいただけますので、是非、当館にお越しになられた際にでもお試しください

 

 

女性杜氏の酒蔵・向井酒造さんはこちら↓

〒626-0423 京都府与謝郡伊根町平田67

0772-32-0003

oohira

 

 

 

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立から40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    大平

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com

12月は新酒の季節!安永6年よりつづく酒蔵 白杉酒造さんの店頭にも冬季限定のお酒がズラリと並ぶ予定! 日本酒で冬を感じてみませんか? 丹後半島 間人温泉 炭平旅館

 

秋のお酒 ひやおろしも終わり、またちがったお酒が様々な場所で並ぶ季節となりつつありますね!

 

丹後には12の酒蔵が存在し、そのうちの1つに今年で239年目を迎える酒蔵がございます。

その酒造が、丹後の中心地にあたる大宮町に位置する白杉酒造さんです。

 

店頭には、酒粕などを用いてつくられた焼き菓子なども並んでいて、

お酒があまり得意ではない方にも気軽に足を運んでいただける場所であるかと

 

そして、スタッフの方も大変ご丁寧にひとつひとつご案内してくださり、そのひとつひとつがとても魅力的です

 

残念ながらその資金も、キャパもない私は、当館でも取り扱いがある丹後のヒカリを購入して帰路につきましたが。

 

その他にも、当館には白杉酒造さんの梅酒など、そのほか数多く取り揃えがございますので、是非当館でもお楽しみください

 

白杉酒造さんはこちら↓

〒629-2503 京都府京丹後市大宮町周枳954

TEL: 0772-64-2101

 

14712259_352965215036650_1950095442226184192_n

 

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立から40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    大平

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com