カテゴリー別アーカイブ: その他

お支払いに各種カード使えます!間人温泉 炭平によくお問い合わせ頂くご質問/相談ごともお気軽にお問い合わせ頂きたい海の京都の京丹後市の老舗旅館

最近あまりお役立ち系のブログを書いていなかったので

少々反省しまして

こんな内容になっております

間人温泉 炭平にご宿泊前のお客様からよくお問い合わせ頂くご質問が

『カード利用でお支払いできますか?』

とのお問い合わせ

あまり目立つところに明記しておりませんのでこのご質問が多いのも納得のいくところです

間人温泉 炭平ではチェックアウトのお支払いに『各種カード使用できます』

丹後半島の旅には分厚いサイフを持ち歩かなくても大丈夫です

このほか何か気になる点、質問されたい点ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ

電話でもメールでも喜んでお答えさせて頂きます

IMG_0094

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立より40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com


炭平よりお知らせ(気象状況)

7205079500_1e94da7407_b

9/4・・13:30現在の丹後地方の状況・・大雨洪水警報が出ております。

また電車の遅れ等が出ております。

今後の状況にお気を付け下さい。

 

間人温泉 炭平旅館   田中

 

〒627-0201

 

京都府京丹後市丹後町間人3718

 

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

 

http://www.sumihei.com/

 

mail:yoyaku@sumihei.com


工事のご連絡

この度、先日台風の影響により本館の一部雨漏れの緊急工事が必要となりました。
お客様へは玄関およびパブリックスペースの一部でご不便がございますこと取り急ぎご連絡申し上げます。
お客様の客室、および大浴場などでごゆっくりとお過ごし頂くことへの影響はございませんが、本館の玄関出入りと一部共有スペースガラスの目隠しの2点においてご迷惑をお掛けする状況でございます。
期間:〜6月29日まで
ご迷惑をお掛けいたしますこと、心からお詫び申し上げます。


休前日が全然が空いていないのは何故?

大変申し訳ございません。
当館は客室数が少なく、いつもご利用頂いておりますお客様が早くより予約を頂く状況にあります。その為、休前日は最低2ヶ月前には満室になる状況です。キャンセルで空室が発生することも多くございますので、お気兼ねなくお問い合わせ頂けますようお願い致します。キャンセル待ちも承っております。
また、休前日にもう少し予約の利便性を上げられるように2008年には離れを一部屋建てる計画にしております。
今後、お客様にご満足が頂ける範囲内で、また更に充実した客室をご提供させて頂きたく、離れを増やす計画を立てております。その際には休前日のご予約がもう少し便利になると思いますので、どうぞご了承くださいませ。


『間人』何て読むの?

『間人』と書いて「タイザ」と読みます。
この名前には古き由来があり、聖徳太子の生母の『間人(ハシウド)皇后』からお名前を頂戴しております。
こちらは間人の地名になる前は『大浜(オオハマ)の里』と呼ばれていました。
聖徳太子の生母であり用明天皇の后 間人(はしうど)皇后は、蘇我氏と物部氏との争乱を避けるためにこの大浜の里に身を寄せました。この地を去る際、この地のもてなしに非常に感動された間人皇后は自らの名をこの地にお贈りになられましたが、住民たちは「名前を呼び捨てにするのは恐れ多い」と、皇后が退座(たいざ)した事にちなんで「たいざ」という呼び方にし、これがこの間人(タイザ)の地名の由来になったとされます。
また、間人の隣の竹野には開化天皇の妃である竹野姫が晩年に戻り天照大神を祀ったとされる竹野神社があり、また王家しか認められなかった石棺が多く出土もしているなど、この地の歴史的背景には今だ解明されていない歴史ロマンが存在するようです。