カテゴリー別アーカイブ: 蟹チリ鍋

LEON.jp(通称ウェブレオン)に間人温泉 炭平のカニちり鍋を全国5選・名旅館の名物鍋としてご紹介頂きました

冬の足音が聞こえるような寒い日がきたと思いきや

足音遠ざかるような暖かい日が続いたりしておりますが

徐々に、そして着実に

あれが美味しい時期が近づいてきております

【鍋】が美味しい時期が近づいております

 

そんな折

以前本誌にも掲載頂いたことがあるLEON.jp(ウェブレオン)に

全国の鍋自慢の旅館から選りすぐりのたった5館

名物鍋食す宿としてご紹介頂きました

 

和風ブイヤベースの海香鍋にねぎま鍋、ボタン鍋にそずり鍋と多種多彩なラインナップの中に

もちろん当館の名物鍋は

炭火でじっくりと活ガニと京野菜の旨味を黄金出汁とあわせた【カニちり鍋】

いよいよ11/7からご提供開始です

ファンの多いこの絶品鍋

〆のカニ雑炊まで

今年も存分にお楽しみください

 

▽浴衣姿で味わう高級ご当地鍋5選。LEON.jp(ウェブレオン)はコチラから▽

https://www.leon.jp/articles/6737

_MG_0766

IMG_3198

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立から40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com


肌寒い季節に恋しいカニちり鍋。京都府のブランド蟹幻の間人ガニ取扱量地域最多を誇る間人温泉 炭平旅館の11/1新離れ客室オープンまであと29日

間人温泉 炭平旅館の新離れ客室 季音庵 月乃音、星乃音、帆乃音、機乃音のオープンまで残すところあと29日

より心地良い客室空間を創るために熱を増す建築現場をよそに

丹後半島も最近一気に寒くなっております

 

加齢とともに寒さにも敏感になったように思う

既に冬の代名詞ユニクロのヒートテックを愛用している私がお届けするのは

このような陽気に恋しくなってくる『鍋物』のお話

今年は何の鍋から始めますか?

 

新離れ客室のオープンと共に近づいて参りましたズワイガニ漁の解禁日

キムチ鍋にもつ鍋、石狩鍋やちゃんこ鍋等数あれど

全国のカニ好き・カニ通集う間人温泉 炭平旅館ですので

もちろん当館の一押し鍋は【カニちり鍋】です

 

食べる直前まで活きている活ガニの旨みを知り尽くした当館が自信をもってオススメする逸品

カニしゃぶの際に染み出る鮮度抜群の活ガニの旨みに

秘伝調合の黄金出汁の旨みはもちろん

他の旅館ではなかなかない

囲炉裏テーブルの炭火を活用しじっくりと旬野菜の旨みを引き出した絶品の鍋

 

たかがカニ鍋と侮るなかれ

料理のプロが

活ガニ専門店炭平旅館がご提供するカニ鍋は一味も二味も違います

ファンの多い当館自慢のカニちり鍋で今年の冬の鍋始めてみませんか?

_MG_0765_X2A5061_X2A5147

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立から40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com


今年は何鍋から始めますか?11月約1000人のお客様にお楽しみ頂いているトレンドに左右されない間人温泉 炭平自慢の絶品カニちり鍋の〆はカニ雑炊

11月も本日で終了

今年も残すところあと1か月となりました

有難いことに今シーズンもスタートからここまで約1000人の方に当館の活ガニ料理をお楽しみ頂いております

料理はもちろん接客サービスも11月中の反省点を踏まえて改善しておりますのでこれからご宿泊頂くお客様はぜひご期待頂ければと思っております

そんな炭平旅館のある丹後半島では

最近農家さんがテレビによく出ております

海産物も良質なものが獲れる土地ですが

国内最高品質の証「特A」の西日本最多受賞を誇る丹後コシヒカリをはじめ美味しい農作物も豊富

そんな良質な野菜を今の時期当館でお楽しみ頂けるのが「カニちり鍋」

カニしゃぶの際にちょっと邪魔になりますが

鍋の最初に野菜を入れておいてじっくり黄金出汁に野菜の旨味を出すのが個人的にはおすすめです

カニの旨味はもちろん野菜の旨味がしっかり出ていると締めのカニ雑炊が格別の味わいに

この時期だけの当館自慢の冬の鍋をぜひお楽しみください

c03a8438img_5820 img_3188

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立から40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com


カニすき鍋とカニちり鍋の違いって!?札幌市62年ぶりの11月降雪の日にお届けする間人温泉 炭平旅館の寒くなると恋しいカニ鍋についてのetc

全国的に今シーズン一番の寒さになったとのことで

ニュースでも札幌市の11月としては62年ぶりとなった44cmの降雪の報が流れております

丹後半島では雪こそ降っておりませんが

こちらも全国の天気通り急に寒くなり

裏山側にあり日の光があたらない我が職場は中々しんどくなってきました

このような陽気では恋しくなるのはやっぱり鍋物

当館でお楽しみ頂くのはもちろん活蟹の上品な美味を楽しんで頂けるカニちり鍋です

ところで蟹鍋と言えば

『カニすき鍋』と『カニちり鍋』がありますが

かにすき鍋とかにチリ鍋の違いってご存知でしょうか?

かにスキ鍋は、すき焼き鍋をイメージすると分かりやすいのですが、醤油や割り下等の調理された汁で煮るのがすき鍋

本来〇〇すき鍋とは肉類がメインでしたのでカニすき鍋の歴史は浅いそうです

対して当館がご提供しているカニちり鍋は昆布だしに魚介と野菜類を煮て、旨みの詰まった鍋出汁や薬味とポン酢等で食べる形です

多くはメインの魚介類の名をつけて鯛チリ鍋とか河豚チリ鍋とか言うそうです

活蟹だから味わえる上品な美味と京野菜の旨みを味わっていただきたいので当館ではカニちり鍋にこだわりご提供しております

ファンの多い当館の逸品、カニチリ鍋

寒い今年の冬もぜひお楽しみ下さい

_MG_0748

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立から約40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com


肌寒い季節に恋しい鍋料理/京都のブランド蟹、幻のたいざがにを地域で一番多く扱う活蟹料理専門店・間人温泉 炭平はもちろん『かに鍋』押しです

最近一気に寒くなってきましたね

冬のシーズン先取りってなわけではないですが

すでに冬の代名詞UNIQLOのヒートテックを愛用している橋本です

肌寒くなってきますと恋しくなるのはやはり『鍋物』

温かい湯気が立つ鍋を囲めば体が温まりますし、野菜が沢山取れて風邪予防にも良い冬欠かせない料理ですね

今年は何の鍋から始められますか?

キムチ鍋やもつ鍋、石狩鍋、オーソドックスに寄せ鍋や水炊き、ちゃんこ鍋に豆乳鍋

トマト鍋やカレー鍋など変わり種も捨てがたい…

どれも魅力的ですが

当館のおススメ鍋と言えばもちろんカニ鍋です

家庭では絶対に真似できない活ガニの旨みの知り尽くした当館が自信をもっておススメする一品

活蟹と京野菜と秘伝の黄金出汁が生み出す上品な旨みに皆トリコに

ファンの多い逸品です

今年は間人温泉 炭平自慢のカニ鍋で冬の鍋、始めてみませんか?

_MG_0748

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

伊根の舟屋から約40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com