カテゴリー別アーカイブ: 間人蟹甲羅焼

【炭】火で愉しむ間人温泉【炭】平自慢の焼きガニ/食べる直前まで生きている活蟹は焼くと甘みも香りも味わいも冷凍ガニとは一味も二味も異なる格別の味わい

カニ料理の楽しみと言えば、香しい芳醇な香りの堪らない焼きガニ

活ガニ料理専門店の間人温泉 炭平でも1番、2番の人気を争う食べ方です

 

匂いがエグく衣服に染み付く冷凍ガニの焼きガニとは異なり

食べる直前まで生きていた活ガニの焼きガニは焼いている時の香りが上品そのもの

もちろん味も活ガニだからこそ味わえる上品な旨味の詰まったカニ身をお楽しみ頂けます

おなじみの焼きガニという調理法もカニは鮮度だけで味覚が全く異なるわけです

 

今年から当館の個室お食事処『湊-minato-』の各テーブルは囲炉裏を内蔵したテーブルに仕様を変更しており

お客様の目の前で焼き上げる当館ならではの臨場感ある焼きガニに評価も上々です

ただその分、扱う炭の量もずいぶん多くなりました

夕日であたりがオレンジ色に染まる夕刻時のバックヤードでは

炭をメインで扱っている当館の職員炭じぃが炭をいこし連日火柱が上がっております

img_3476img_5817

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

城崎温泉から40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com


紅葉で名高い京都のブランド活蟹の間人・炭平旅館お勧め食べ方『焼き蟹』/甲羅焼の蟹みそに付けるのも素晴らしく良いです

口に運べばじゅわっと旨みが溢れる人気の焼き蟹。

当館では生でも食べれる新鮮な地蟹を使用していますので

念入りに焼かないといけない冷凍蟹とは異なり、焼き加減はあまり火を入れ過ぎないのがコツ。

加減が分からないと不安になるかもしれませんが

客室担当の仲居さんが焼き上げ、旨みを増した最高のタイミングでご提供しますのでお客様は食べる事だけに専念して頂けます。

焼きあがったカニ身はそのまま食べても、地元産の塩を少しつけても美味しいのですが

ほぐしたカニ身を熱々の蟹みそに付けて食べるのもおススメ。

塩を少々付けたり、そのまま食べる食べ方とはまた異なる風味豊かな格別のおいしさを楽しんで頂けます。

IMG_3518

夕刻には備長炭に火がはいり

今日も焼き蟹の準備万端です。

IMG_7635

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

伊根の舟屋から約40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com


日本海の紅い至宝と呼ばれる冬の美味カニ まもなく解禁/昨年は3000人超に活蟹をお召し上がりいただいた京都・丹後 間人 炭平旅館

改装工事の夜の風景を撮影しがてら

ふと見上げると秋の夜空に綺麗な三日月が

カメラと力量の都合上、満月に近い球体の月になってしまいましたが…

IMG_7325

少々冷える夜空に浮かぶ秋月を眺めるには暖かいものを片手に眺めたいですね

熱燗でも口に運びつつ眺めるのもオツなのかなと

そういえば焼き蟹の際にお楽しみ頂ける

蟹みそに地酒の熱燗を入れた甲羅酒も秋から冬の楽しみだな

そんな事を思いながらブログを打っていたらこんなタイトルになってしまいました。

11月6日、間人蟹まもなく解禁です

IMG_3499

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

伊根の舟屋から約40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com


京都・丹後 間人温泉 炭平旅館スタッフのおススメ 活蟹の食べ方【活蟹だとまた旨みが違う焼き蟹】

冷凍蟹と活ガニと大きく違うのは『鮮度』ですが

鮮度がカニの味の良しあしを大きく分けてしまいます。

このオーソドックスな食べ方である焼き蟹もそうです。

生でも食べれますので繊維が細く、弾力がある活蟹の身はあまり火を入れる必要はありません。

火を入れることで一層深くなる旨みを味わっている最中は言葉が少なくなるのもうなづけます。

焼き蟹の際にちょっと使用してほしいのが塩。

この塩も琴引浜という近隣の景勝地の海水を塩に加工したものです。

地のものを地の調味料で味わう。

これぞ最高の旨みの引き出し方です。

M5l40d

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

 

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

 

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

 

http://www.sumihei.com/mailformpro/

 

============================

 

天橋立より40分のドライブ

 

間人温泉 炭平旅館

 

〒627-0201

 

京都府京丹後市丹後町間人3718

 

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

 

http://www.sumihei.com/

 

mail:yoyaku@sumihei.com

 


間人蟹の炭火焼と甲羅焼そして甲羅酒/京都・丹後 蟹旅館のスタッフおススメのタイザガニの食べ方

11月7日より間人蟹のご提供がいよいよ始まります。

当館では大ぶりのかにを様々な調理法でお召し上がりいただけます。

当館スタッフのおススメする食べ方紹介です。

なんといっても炭火で焼く焼きガニ!

焼いている際の香りをお伝えできないのが残念ですが、独特の食欲をそそる香りを楽しみながら頬張る間人蟹ならではのカニ身の甘み!!

たまりません!

そして甲羅焼のカニみその味わい

そのまま食べても良し、カニ身に少々つけても良し!

さらに少し熱燗を注げばお酒好きにはたまらない甲羅酒の完成です!

是非鮮度のよい間人蟹ならではの炭火焼をお楽しみください!

FFeBFb

間人の旬素材を堪能するプランはコチラ

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

炭平旅館へのお問い合わせはコチラ

============================

間人温泉 炭平旅館   橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com