カテゴリー別アーカイブ: お土産紹介

カニ料理の美味しい宿・間人温泉 炭平旅館のある米どころ京都・丹後半島の『新米』今年も大好評!

丹後半島の田んぼでは稲穂の黄金色より

彼岸花の赤色の方が目立つようになりまして

稲刈りもあらかた終わったようです

 

間人温泉 炭平でも先日お土産用の新米が届き

中々の人気ぶりです

先日当館に再訪頂いたお客様からお伺いした話ですが

前回購入頂いた新米があまりにも美味しくて

その時の米袋をいまだに持っているとのことでした

今回ももちろん出来立ての新米をたくさんご購入頂いております

当館の夕食、朝食でお楽しみ頂くご飯も新米に切り替わっておりますのでお越しの際はぜひご賞味ください

国内有数の米どころ京都・丹後半島で育んだ新米

気に入って頂けるかと思います

img_1739

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei/category/13685

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立より40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com


松葉ガニに負けず劣らず名高い京都・丹後半島のブランド品 丹後ちりめんの新商品入荷しました

丹後半島と言えば間もなく解禁となるズワイガニ(松葉ガニ)が有名なのですが

古くは絹織物の生産で有名な地です

古くはと言ってしまうと簡単ですが実は約1200年も前の奈良時代に丹後国で作られた絹織物が天皇に献上されており、奈良県の正倉院に残っているという由緒正しき逸話もある地でして

最盛期は始祖の絹屋佐平治が京都の西陣から持ち帰った技術をもとに創った丹後ちりめんが全国的に人気となり地場産業として根付いた江戸時代や

高級絹織物として人気を博した高度経済成長期だったそうで

丹後半島一円は日本で生産される着物生地の約三分の一を生産する国内最大の絹織物産地となっております

今では長年培った技術を活かし、当館の離れ客室、季音庵 風乃音、波乃音に使用しているように丹後ちりめんをインテリアに活用したり、ネクタイ、スカーフ、風呂敷等の小物類に活用したりと様々な商品展開をしております

そんな絹織物で有名な丹後半島の旅館ですので

この度土産商品としていかにも日本の旅館らしい絹織物と分かる商品を扱ってみました

全5種類のミニチュアの丹後ちりめんの置物

かわいらしいサイズですが仕上がりも良くインテリアとして見栄えがするので海外のお客様だけでなく国内のお客様にも人気です

ご当地感が感じられる間人温泉 炭平の土産コーナーでご確認くださいませ

IMG_2353

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

伊根の舟屋から約40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com


国内最高峰!待望の特A丹後コシヒカリの新米 お土産に登場!/間人温泉 炭平自慢の冬の間人ガニの蟹鍋の〆 かに雑炊もこのお米です

9月もはや中旬

上旬からの週末の雨など天候不良もありましたので

個人的には黄金色の稲穂が風に揺らめく稲刈り前の光景を例年より長めに楽しめるような気がしております

そんな日本有数の米どころ、丹後半島の旅館 間人温泉 炭平では

先日待望の新米のご提供に切り替わりました

国内最高峰の品質【特A】の称号のついた丹後コシヒカリ

お越しの際はどうぞご賞味下さい

つやっつつやに光るお米の見た目もさることながら

ほうばるとふわっと感じる新米の香りと口の中に広がる甘みと旨み

きっと満足して頂けるかと思います

去年に引き続き今年も当館使用のお米、野木源の丹後コシヒカリをお土産コーナーにご準備しております

自分も友人に贈る予定ですので、お土産、贈答用にご活用ください

IMG_1739

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei/category/13685

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立より40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com


お着きのお茶菓子 キウイ大福/京都の生八つ橋にも負けない!?人気の当館調理場スタッフお手製和菓子が爽やかにお出迎えする旅館 間人温泉 炭平

お客様をお迎えするお着きのお茶菓子

この夏はキウイ大福がお越し頂いた皆様を爽やかにお出迎えしております。

 

ご好評頂いておりました苺大福と同じく当館調理場スタッフの手作りで

炭平スタッフの一員としてお客様をおもてなし

何気に全てのお客様と顔を合わすこの大福さんは

ビタミン豊富な美容食として注目のキウイを白あんと求肥で包み

多少の酸味とあっさり白あんの甘味のバランスが絶妙なのです。

 

お土産に持って帰りたいとの声も多数ありますが、受注生産となりますので

お求めの方は夕食時までに当館スタッフにお申し付け下さい。

旅行の思い出、お土産にいかがでしょうか

お着きの際に召し上がって気に入れば、ぜひご利用下さい。

IMG_1055

 

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei/category/13684

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立より40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    和田

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com

 

 


海の京都博開催中・京丹後市峰山町小野甚醤油醸造の『琴引の塩ポン酢』はじめご当地調味料入荷しました/丹後半島の老舗旅館 間人温泉 炭平

2014年11月のリニューアルオープンの際、間人温泉 炭平はお土産の売り場面積を大きくしております

ご宿泊いただいたお客様からよく頂いていたお言葉である『お土産の売り場面積と品数の少なさを改善して欲しい』

すべてはこのお声に対応する為です

そんなお土産コーナーに新しいご当地土産が加わりました

『琴引の塩ぽんず』

『和風ノンオイル うめドレ』

『和風ノンオイル えごまドレ』

『黒にんにくドレッシング』

いずれも丹後半島のど真ん中、京丹後市峰山町にある小野甚醤油醸造の商品です

中でも注目は琴引き浜の海水塩と実生のゆずを使用した『琴引の塩ぽんず』

実生(みしょう)というのは種から育てる手間と時間がかなりかかる栽培方法でして

手間暇かけている分果実本来の色合い、濃度、香りが楽しめます

実生のきゅうりを以前作ったことがありましたが口に入れた時の歯ざわり、みずみずしさかなり違いましたし、スーパー実生として卸すと早いうちに売れましたので手間とコストがかかる分敬遠されがちですが知る人ぞ知る栽培方法なのでしょう

果実由来の爽やかな美味を楽しめる琴引の塩ポン酢はじめ

各種ご当地調味料ぜひお楽しみ下さい

IMG_0970

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei/category/13684

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立より40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館    橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com