「老舗旅館のまかない」の記事一覧

間人蟹の漁場日本海に面した丹後半島の港町旅館 今日のまかない/城崎温泉の東の温泉郷 間人温泉 お宿炭平

港町、漁港近くの旅館だから魚をよく食べているとか

冬になると

間人蟹、コッペガニを食べているとかよく思われがちですが。。。

案外食べているものは肉や揚げ物が多かったりします。

体力がいるのでとしこたま食べる肉好みのスタッフが多いせいか

野菜がよく残るからと意図的に肉を多めに買ってくる昼食作りのお姉様のせいか…

今日もパワー系昼食です。

IMG_0318

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

間人温泉 炭平旅館   橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com

 

創業明治元年 京都老舗旅館炭平のまかない風景/秋野菜の楽しみの一つ【なす】

秋野菜と言えばやはり茄子。

本日のまかないに焼きナスがでてきました。

実は子供のころはそこまで得意な食べ物ではなく…

ただ何となく大人になればうまさは解るものだろうなと思ってはおりました。

旬は6月から9月。

一説によると夏にとれることから夏実(なつみ)と呼ばれ、なすび、なすとなったそうです。

夏にも採れるのですが焼きナスの言葉を聞くと秋を連想しますし、秋酒のあてとしても良いものです。

因みに今は違いますが茄子のへたに自分の髪型が似てると昔さんざん言われました。

IMG_0182

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

間人温泉 炭平旅館   橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com

楽しい賄いの時間 (京都 丹後半島 間人温泉 炭平旅館)

賄いの時間にカメラを向けると

さっとポーズをする愉快な仲間たちです

IMG_0027

 

 

 

 

 

 

 

============================

天橋立より40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館   田中

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com

創業明治元年 京都 丹後 間人温泉 炭平旅館のまかない風景/ハレの日に食べるおだまき

今日のまかない風景です。

炭平旅館に来て初めて食べたこの食べ物【おだまき】

DSCF7671

 

茶碗蒸し+うどんといった感じでしょうか

 

当館のまかないでもたまに出ます。

 

何やら調べると大阪ではハレの日に昔から食べられていた高級料理だそうです。

 

 

 

因みに今日が何のハレの日だったかはまかない作りのお姉様が帰宅された今となっては知る由もありません。

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

間人温泉 炭平旅館   橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com

 

 

 

 

創業明治元年 京都 丹後 港町旅館のまかない風景 サバ缶使った丹後の寿司

DSCF7547

本日のまかない風景です。

何やら巷ではやせるとのテレビでの特集がありサバ缶がスーパーから消えているそう…

昨日そのことを知りまして

サバ缶を使った丹後の郷土料理「バラ寿司」はどうなるんだろうと思っていましたが

翌日あっさり登場されました。

 

丹後半島の祭りなどハレの日には登場する機会が秋に向けて増えてきます。

サバ缶なくなると丹後半島は大変なことになりそうです。

バラ寿司といえばこのプラン

http://www.sumihei.com/blog/?p=2672

還暦、長寿のお祝いに炭平流の丹後地方流のお祝いの席をご準備させていただきます。

一日一組限定プランですのでお問い合わせはお早めに…

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

間人温泉 炭平旅館     橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com