カテゴリー別アーカイブ: 炭平旅館で働く人々

旅館業に従事する人々のお話/かにシーズン真っ只中京都・丹後 間人温泉 炭平旅館で働く人々 

旅館業と書くと伝統と格式を重んじ…とかちょっと形式ばったものを感じるかも知れませんが

朝礼、終礼、タイムカードなど一般の会社と同じ業態ではあります。

現在接客部の朝礼真っ最中。

朝担当のものを交えながらお客様へのおもてなしを打ち合わせしております。

どの業態でも報告・連絡・相談が大事なのは同じです。

IMG_1871

丹後半島の旬素材を堪能するプランはコチラ

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

http://www.sumihei.com/mailformpro/

============================

天橋立より40分のドライブ

間人温泉 炭平旅館   橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com


間人温泉 炭平旅館 夜の接客部門 かに勉強会開催/より質の高いカニ料理配膳サービスに向けて

先日、炭平内でもかつ丼のリピーター客が多い味工房ひさみさんにて接客部門の勉強会が行われました。

日常業務主体の為私は不参加でしたので西さんに写真を発注。

誰にも気づかれていないようなアングルで撮っていただきました。

より良い満足を頂けるサービス提供に向けてみんなで知恵を出し合っています。

IMG_1736

間人の旬素材を堪能するプランはコチラ

ご不明な点は是非お気軽にお問い合わせ下さい

炭平旅館へのお問い合わせはコチラ

============================

間人温泉 炭平旅館   橋本

〒627-0201

京都府京丹後市丹後町間人3718

tel:0772-75-0005, fax:0772-75-1476

http://www.sumihei.com/

mail:yoyaku@sumihei.com


お土産(日本海・丹後半島・間人がに・かに)

お菓子の富やきに丹後半島ジオパークの名所(五色浜・琴引浜・立岩・屏風岩・丹後松島・経ケ岬灯台)の6枚入り、それと、あまり知られていませんが、丹後で「お茶」も栽培、製造しています。当館にちなんで?炭を使った(竹炭・木炭)製品も。地域の商品を販売しています。

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

 

DSCF8821


板長(丹後半島・間人がに・かに料理・かに)

当館の板長です。いつもとはいきませんが、出来る限り「カニのセリ市」には、出かけるようにしています。「グリーンの帽子」は、漁連から配布されたもので、一般の方と区別するためにこの帽子は必ずかぶっています。そうでなければ、セリの近くまで行き、見学することはできません。当館は、「船・仲買人」そして板長と、二重三重に選別して、お客様に提供しています。

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

DSCF8734


選別(丹後半島・間人がに・かに・おいしいかに)

カニのセリ市の前、よくみられる光景です。船員たちが、一匹一匹を「キズ・足の長さ・甲羅の固さ・重み」等を選別してから、良い順番に並べるためです。一番大きくて質の良い物が、その船の「一番がに」です。そして二番、三番、四番くらいまではこの呼び名で扱われることが多いです。当館の「特大蟹」は一番がに・二番がにを使用します。「大蟹」は三番がに・四番がにを使用しています。

http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/sumihei

DSCF8725