間人〜丹後半島周辺での過ごし方提案 間人の旅館 炭平


ファミリーで過ごす/間人 丹後半島 京都府

子供を連れて、家族みんなで旅行に行きます。
忙しいパパのお休みに合わせて、一泊二日の日程。
でも、二泊三日分の思い出作りをしようね。

1日目の過ごし方/間人 丹後半島

丹後あじわいの郷で遊ぶ/体験教室、アトラクションの見学など

丹後あじわいの郷

「丹後あじわいの郷」は、見て、触れて、味わう事ができる、京都府内 随一の体験型農業公園。

パン、ソーセージ、そば打ちやこんにゃくなどの手作り体験教室のほか、 オリジナルグラスや万華鏡のクラフト体験コーナーがあるので、子どもと 一緒に親も楽しめるわね。



丹後あじわいの郷

その他には、アーチェリー、チューチュートレイン、バズーカ砲などの 遊具施設もあるし、ポニーやおもしろ自転車に乗ったり、牧羊犬の羊 の追い込み、 ヨーロッパ民族芸能集団のアトラクションも見る事が 出来て・・・何をしようか迷いそう。

たっぷり楽しんだ後は、お昼ご飯にしましょう!
おいしいと評判の石釜ピザとソーセージを頂きます。


琴引浜で鳴砂体験

鳴き砂の浜/琴引浜」

次は、日本で最大規模の鳴き砂の浜「琴引浜」へ。

地元の方々がボランティアで自然を大切に守っているため、このような美しい
砂浜が残っているんだそう。

子どもにも教えてあげましょう。


間人の海辺を散歩/城嶋の釣りスポット/親水プール

釣りのスポット城嶋

まずは、素晴らしい磯場が続く城嶋へ。
釣りが趣味のパパは、釣りをしている方を見つけて話しかけていた。
ここは、釣りのスポットなのだそう。
漁港もあって、間人漁村の風情を感じる場所ね。夕日も素晴らしいわ。

次に、昔、間人小学校のプールとして利用されていたという「親水プール」へ。
プールの中にはウニや小魚、アメフラシなど磯の生物が生息し、鑑賞できます。
見た事のない磯の生物に、子どもは興奮気味。
磯場に歩道があるから、磯の鑑賞も安全なのね。


お宿 炭平にチェックイン〜家族の時間を楽しむ

オーシャンビューのお部屋

お宿にチェックイン。「お部屋から海が見えるよ!」と、うれしそうにはしゃぐ子ども。
豊かな自然に囲まれた環境に、私もパパも感激〜。

6月は蛍の鑑賞、7月中旬〜8月上旬はお宿の方がオーナー栽培する桃狩りも
楽しめるんですって。


豪快な舟盛や、炭火焼などのお食事

日本海ならではの豪快な舟盛や、炭火焼などのお料理には、知らないお魚がいろいろ入っています。
新鮮で、珍しいお魚が食べられるなんて、この土地のお宿ならではよね。


舟盛や炭火焼などのお料理

間人温泉に入浴

間人温泉入浴後には冷えた野菜をサービス

お風呂上りには、サービスとしてキンキンに冷えた野菜を 頂いた。
裏の畑で穫れたという新鮮な野菜は、美味しいわね。


アロママッサージ

一日中遊び疲れた子どもが寝入ったので、アロマサービスをお願いする事に。
お部屋で受けられるから安心ね。パパも、いつもお疲れさま。マッサージで体をほぐしてね。


就寝



2日目の過ごし方/間人 丹後半島

起床〜朝食

チェックアウト〜碇高原へ/動物たちとふれあう

碇高原

お宿をチェックアウトしたら、碇(いかり)高原へ。
「ふれあい広場」では、ヤギ、ウサギ、馬、水鳥などが飼育されていて、 触れることができます。

動物たちとふれあう、かわいい子どもの姿に思わず
「パパ!シャッターチャンス!」
いい笑顔が撮れました。


碇高原ステーキハウスで昼食

碇高原ステーキハウス

お昼ご飯は「碇高原ステーキハウス」へ。
サーロインランチに、特選ステーキ、ハンバーグ定食・・・
どれもお美味しそうだから、迷っちゃうわね。


伊根町経由〜帰路へ

伊根遊覧船/舟屋

名残惜しいけど、そろそろ帰路へ。

伊根町を経由した帰り道。伊根では、遊覧船に乗ります。
船から船に群がるカモメにエサをあげるのが面白くて、私も パパも、子どもと一緒に楽しめました。

1泊2日の家族旅行。思い出は3日分!
まだまだ見どころがたくさんの丹後町に、またみんなで来ましょうね。


▲ページのトップへ


   
間人ガニと間人温泉を満喫するお宿 炭平 〒627-0201 京都府京丹後市丹後町間人(たいざ) TEL(0772)75-0005 FAX(0772)75-1476
Copyright(c) SUMIHEI All rights reserved.