間人ガニや旬の魚介類を豊富にご用意 間人温泉の旅館 炭平/こだわりの食材 春


アカウニ

アカウニ

ウニの中でも最高級品。
クリーミーで濃厚な味わいは、忘れることのできない格別の味である。新鮮でなければ臭みがでるため、生きたものを割って直ぐ食べるのが最も美味。



岩ガキ

岩ガキ

磯のミルク。
丹後の天然岩ガキはサイズ、品質ともに最高級品。口にほおばると、素晴らしい肉厚から旨みと香りが凝縮された驚くほどの肉汁が、口いっぱいに広がりまさに祝福のときとなる。



丹後トリ貝

丹後トリ貝

日本一のトリ貝。
丹後トリ貝は通常のトリ貝の倍のサイズである。価格も超高級。大きくなると大味になると思われがちだが、丹後とり貝は、肉厚で柔らかく独特の深い甘味がある。



サザエ

サザエ

香り高い磯の恵み。
地元では食卓を飾る定番である。刺身のコリコリとした歯ごたえは絶品、ジワリと口に広がる磯の香が素晴らしい。 壷焼きにすると香りがいっそう楽しめる。郷土料理のサザエ飯は芳醇な香りで食べる者をうならせる。



オコゼ

オコゼ

この魚、上等品。
オニオコゼは一般に市場で出回ることがない高級魚で、地元以外では高級料亭でしか食べることができない魚である。姿は醜くいが、味は絶品。歯ごたえのある白身で、フグにも匹敵する。活オニオコゼの透明な身はシコっとした食感がいい。それを噛みしめるとじわりと旨味がにじみ出てくる。



トビウオ(アゴ)

トビウオ(アゴ)

この魚、妊婦の食べ物として。
「魚鑑」や安産によいと、昔は妊婦がよく食べた魚だという。
淡白な白身の魚で刺身も美味い。
トビウオの団子汁は地元で親しまれる一品でアゴ汁と呼ばれる。



ヨネズ

ヨネズ

この魚、『幻の魚』とも呼ばれる。
高級魚と珍重されるこの魚は一般的には店頭に並ばずに高級料亭へ直行する。家庭で食べられることは無い。



アジ

アジ

この魚、通に好まれる。
初夏から夏にかけてが旬。延喜式でも使われたというこの魚は、旬の時期の刺身は「タイにも勝る」とも言われる。



イサキ

イサキ

この魚、初夏の代表。
程よく脂がのり、やわらかく薄いピンクがかった白身で、刺身が美味。また、焼き物にしても身離れが良く、これまた美味。



太刀魚

太刀魚

この魚、刺身がいける。
塩焼きが一般的だが、旨みのある皮がついたままの「銀皮造り」が格別。ビタミンとミネラルが豊富で健康食品としても評価が高い。



白キス

白キス

この魚、上品。
白身で脂肪が少なく淡白で旨みのある上品な味わい。天ぷらにあう。キスは漁獲高が減少しており、日本産のキスは希少とされる。



青バサミ

青バサミ

ワタリガニ。
夏のかに、味噌汁・身をほぐして酢の物など。



モズク

モズク

キメ細やかな丹後のもずく。
ヌメリがあり磯の香り抜群。



▲ページのトップへ


   
間人ガニと間人温泉を満喫するお宿 炭平 〒627-0201 京都府京丹後市丹後町間人(たいざ) TEL(0772)75-0005 FAX(0772)75-1476
Copyright(c) SUMIHEI All rights reserved.